スポット商標登録事前調査サービス

商標登録事前調査とは

商標登録事前調査とは、これから登録する商標が、すでに登録されていないかどうかを確認する作業です。事前にしっかりと調査しておくことで、商標登録をスムーズに進行することができるようになります。

もし、調査の結果、希望される商標がすでに登録されていた場合には、別のネーミングやデザインに変更するなどの、前向きな提案をさせて頂きます。ご依頼者様にとってより良い形に解決できるよう、可能な限り選択肢を提案させて頂きます。

商標登録事前調査の重要性について

商標登録事前調査を行う際、希望される商標が登録可能かどうかを確認することも重要ですが、それと同じくらい、その商標が他人の権利を侵害していないかどうかを確認することも大切です。万が一、その商標が権利者の権利を侵害しており、そのことが権利者側の知るところとなれば、多額の損害賠償金を請求される可能性があります。そして何より、そうして訴えを起こされることで、取引先や消費者からの信頼を失う結果にも繋がります。

また、大手企業と取引する際には、多くの場合、この商標登録事前調査により商品の権利上の安全性を確認することが求められます。このように、ご依頼者様の事業がこの先ますます発展していくためには、商標登録事前調査、そして商標登録が不可欠と言えます。商標登録することで、商品などに「Rマーク」を付すことができるようになり、ブランド力の向上もはかれます。

商標登録の基準は、「時代の流れ」によっても変化する可能性があります

商標登録の基準は、「時代の流れ」によっても変化する可能性があります。例えば、昔は日本人全体が英語に対する理解度があまり高くなかったため、同じ商品名でも英訳したものであれば、商標登録することができるというケースがありました。しかし今では、日本人全体の英語に対する理解度が高くなったため、英訳しただけでは商標登録することが難しくなりました。

このように、その時代時代の状況により、「商標登録できる」「商標登録できない」の基準は変化する可能性があります。それをご依頼者様ご自身で判断するのは、難しいと思われます。ですので、手間を省く意味でも、そして商標登録をスムーズに進行させるためにも、税理士の知識と経験をご活用されることをおすすめします。

  • 奈良特許事務所 OFFICIAL WEB SITE
  • 奈良特許事務所 YouTubeチャンネル
  • 奈良特許事務所 Facebook Page